おしらせ

2022/03/12

投薬などについてのお知らせ

こんにちは、にじねこ舎です。

今日はご相談が増えてきました
「投薬・皮下点滴について」
あらためてお知らせしたいと思います。

個別にご相談いただいた際に、
おひとりおひとりにはお話をしておりましたが、
サイト内ではお知らせができていませんでした。
遅ればせながら
「ご利用案内」のページにも表示させていただきました。
インスリン・皮下点滴につきましては
医療行為となりますため
シッターとしましてはお引き受けができません。

そのほかの
排泄介助・嘔吐のお片付け、
投薬やサプリメントはお引き受け可能です。
その際お口に直接の投薬は
猫さんが嫌がる場合もありますので
努力はしますが
確実にできると限らないことをご理解くださいませ。
またお留守番期間中に
猫さんが体調を崩していると感じた際は、
まず緊急連絡先へご連絡さしあげたあと、
必要な場合は
かかりつけの動物病院(または救急病院)にお連れします。
*診察料は、
後日実費をご請求とさせていただきます。
なるべくストレスなく
ごきげんにお留守番をしていただくことが
シッターの1番のお役目です。
猫さんたちの体調面にご不安がおありの場合は
事前にご相談くださるか
獣医さんにご相談してくださいますよう
よろしくお願いいたします。